相続・遺言のことなら、相続の専門家チーム「ほむにこ」へ。横浜・武蔵小杉・藤沢・逗子、すべて駅からすぐの事務所です。

ほむにこ遺言・贈与・後見相談室 - 主催・運営:司法書士法人市川事務所
無料相談はこちらから メールで じっくりと面談で 女性専用窓口

法定相続人と法定相続分

遺言書がない場合の相続(法定相続)

よい遺言書を書くためには、遺言がない場合の相続の仕組みを
理解する必要があります。

まず、遺言書がなければ、亡くなった人の財産(相続財産)は、
法律が定めた相続人(法定相続人)が相続することとなります。


そして、誰がどれくらいの割合で相続財産を相続するのかという点についても、
法定相続人間の話し合い(遺言分割協議)がまとまらない限り、調停や審判を
経て、最終的には、法定が定まる割合(法定相続分)に従って、遺産分割が
なされることになります。


このように、遺言書がない場合には、法定相続人以外の者は相続できませんし、
遺言分割協議がまとまらなかった場合には、法定相続分に従うことになります。

したがって、「法定相続人」、「法定相続分」の概念について理解しておくことが、
非常に重要となります。


法定相続人

法律は、亡くなった人(被相続人)の配偶者は必ず相続人になるとし、
配偶者以外の遺族については、次のとおり、相続人となる順位を定めています。

先順位の者がいる場合には、後順位の者は相続人にはなり得ません。

第1順位 子(子を代襲相続する場合の孫・ひ孫)
第2順位 直系尊属(親・祖父母など)
第3順位 兄弟姉妹(兄弟姉妹を代襲相続する場合の甥・姪)

(1)子(第1順位)

第1順位は子ですから、被相続人の配偶者と子は必ず相続人となります。
 
子がすでに死亡している場合には、子に代わって子の子(被相続人の孫)が、
被相続人の孫もすでに死亡している場合には、孫に代わって
子の孫(被相続人のひ孫)が相続人となります。

これを「代襲相続」といいます。


(2)直系尊属(第2順位)
 
被相続人の直系専属(親・祖父母)は、被相続人に子(孫・ひ孫)が
いない場合のみ相続人となります。

直系相続人に血縁的に一番近い人が相続人となります。

したがって、親が健在の場合には親のみが相続人となり、
祖父母は両親双方が死んでしまった場合に、はじめて相続人になります。


(3)兄弟姉妹(第3順位)
 
被相続人の兄弟姉妹は、被相続人に、子(孫・ひ孫)、直系尊属(親・祖父母)が
いない場合に、はじめて相続人となります。

兄弟姉妹の中に、すでに死亡した兄弟姉妹がおり、その兄弟姉妹に
子(被相続人の甥・姪)が代襲相続します。


なお、兄弟姉妹とその子である甥・姪がすでに死亡している場合には、
その甥・姪がすでに死亡している場合には、その甥・姪の子は相続人
とはなりません。

 

 

法定相続分

法定相続分は、同一順位の者の間ではあたま数に応じて平等です。
配偶者がいる場合は、次のとおりになります。

 
 配偶者と子(第1順位)
 配偶者が2分の1 
 子が2分の1(子のあたま数でさらに等分)

配偶者

  

 配偶者と親(第2順位)
 配偶者が3分の2
 親が3分の1(親のあたま数でさらに等分)

配偶者

 
 配偶者と兄弟(第3順位)
 配偶者が4分の1
 兄弟が4分の3(兄弟のあたま数でさらに等分)

配偶者

兄弟A

兄弟B

兄弟C


  
法定相続人は、相続開始時の相続財産の価格に各人の法定相続分を
かけた金額に相当する財産を相続できます。

ただし、相続人の中に、被相続人から生前に贈与を受けた者(特別受益)、
被相続人の財産の維持や増加に貢献した者(寄与分)がいる場合には、
各人の相続分は調整されますので注意が必要です。 

特別受益や寄与分のない者
(相続開始時の財産+特別受益-寄与分)×法定相続分

特別受益のある者
(相続開始時の財産+特別受益-寄与分)×法定相続分-特別受益

寄与分のある者
(相続開始時の財産+特別受益-寄与分)×法定相続分+寄与分





■遺言の一覧

■遺言について

■遺言の種類

■遺言の活用

■遺言の特殊活用

■生前贈与

■成年後見について