相続・遺言のことなら、相続の専門家チーム「ほむにこ」へ。横浜・武蔵小杉・藤沢・逗子、すべて駅からすぐの事務所です。

ほむにこ遺言・贈与・後見相談室 - 主催・運営:司法書士法人市川事務所
無料相談はこちらから メールで じっくりと面談で 女性専用窓口

どちらを選べばよいか?自筆証書?公正証書?

自筆証書遺言と公正証書遺言

普通方式の遺言のうち、比較的多く利用されているのは、
自筆証書遺言と公正証書遺言です。

どちらの方式があなたのニーズに合うでしょうか。

それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。


自筆証書遺言のメリット・デメリット

自筆証書遺言のメリットは、言うまでもなく、自分だけで作成することはでき、
費用がほとんどかからないことです。

また、遺言を作成したこと及びその内容を他の人に知られないようにできる
メリットもあります。

しかし、その作成方法は、法律で厳格に定められており、その方式に反していると、
遺言書が無効になっています場合があります。

また、相続させたいと考えている財産を記載したつもりでも、その特定の仕方が
不十分でどの財産のことを指しているか分からない場合や、実現できないような
内容を記載してしまった場合には、遺言どおりの内容が実現されない可能性もあります。


さらに、遺言書を家族に見つからないように隠しておいた結果、遺言者が死亡した後も
発見されないで、遺言書を作成した意味が全くなくなってしまうおそれもあります。

友人などに保管を依頼した場合でもその人の過失によって、遺言書がなくなって
しまう危険性もあります。

他にも、遺言書の内容が誰かに改ざんされてしまう危険性もありますし、
場合によっては、本当に遺言者本人が作成したのか、遺言書の作成時に
遺言者に遺言をする能力があったか等、相続人間で遺言の真偽や有効性が
争われ、裁判等になる可能性もあります。


これでは、せっかく遺言をしたのに相続人間に紛争を残してしまうことになりかねません。


公正証書遺言のメリット・デメリット

公正証書遺言は、専門家である公証人が遺言書を作成するため、方式の不備で
無効となったり、内容の解釈をめぐって争いになる可能性はほとんどありません。

また、公証人が遺言者に遺言能力があるかを確認するので、後に遺言能力が
なかったと争われる可能性も低くなります。

また、遺言内容が実現可能であるかも公証人が検討するので、遺言内容を実現する
という点では、非常に確実性が高いと言えます。

作成された遺言書は、公証役場において保管されますので、紛失や改ざんの
心配もありません。

しかし、公証人に作成を依頼し、証人2人以上を準備する必要があるなど、
自筆証書遺言に比べて手間や時間がかかることは否めません。

また、公証人に支払う作成手数料等の費用がかかりますし、遺言の内容を
第三者である公証人や証人に知られてしまうことにもなります。

また、相続人など利害関係を有する人は、全国どこの公証役場においても、
亡くなった人が遺言書を作成していたのかを検索することができますので、
相続人が遺言書の存在を調べてくれさえすれば、必ず発見してもらえます。

遺言書が作成されていた場合には、遺言書を作成した公証役場において、
遺言書の閲覧及び謄本の作成を請求することができます。


選ぶポイント

以上から、一言で言うと、自筆証書遺言は手軽さが、公正証書遺言は確実性
メリットであり、遺言者は、そのどちらを重視するかによって自筆証書遺言か
公正証書遺言かを選ぶことになります。

ただ、公正証書遺言に手間がかかるとはいっても、専門家に依頼をすれば、
内容の検討はもちろんのこと、公証人との打合せなど大半の事務を代わりに
してもらえますので負担を軽減することができます。


また、遺言者が病気等の理由で動けない状況であれば、公証人に自宅や病院に
出張してもらうことも可能
です。

第三者に遺言の内容と遺言書を作成したという事実をどうしても知られたくない
という事情がなく、また、費用が許す限りは、公正証書遺言の方が望ましいと言えます。

また、公正証書遺言を作成する前に、まず重要な部分だけ自筆証書遺言を
作成しておくという使い分けをするのも一つの方法です。





■遺言の一覧

■遺言について

■遺言の種類

■遺言の活用

■遺言の特殊活用

■生前贈与

■成年後見について