相続・遺言のことなら、相続の専門家チーム「ほむにこ」へ。横浜・武蔵小杉・藤沢・逗子、すべて駅からすぐの事務所です。

ほむにこ遺言・贈与・後見相談室 - 主催・運営:司法書士法人市川事務所
無料相談はこちらから メールで じっくりと面談で 女性専用窓口

遺言書の内容を変更したい

遺言書はいつでも取り消し、変更ができる

すべての財産を妻に相続させる遺言書をつくっていたけれど、その妻が自分より先になくなってしまったとか、子供たちに平等に財産を相続させる遺言書をつくっていたけれども老後の面倒をみてくれることになった長男にたくさん相続させたいなど、あとから遺言の内容の変更が必要になるケースがあります。

このような場合、遺言の内容をいつでも、何度でも、変更したり、取り消すことができます。また、遺言書の一部だけを変更したり、取り消すこともできます。




遺言書の破棄

自筆証書遺言書や秘密証書遺言書の場合は、遺言書を破棄すれば、破棄された遺言の内容は取り消されたことになります。
すなわち、遺言書を破棄することで、その遺言がない状態になります。

公正証書遺言の場合は公証人が公正証書遺言の原本を保管していますので、自分の手元にある公正証書遺言の正本や謄本を破棄しても、その遺言の内容を取り消したことにはなりません。

公正証書遺言を変更し、又は取り消すためには、新たな遺言書を作成する必要があります。




新しい遺言書の作成

前の遺言書を破棄しなくても、新たに「前の遺言の内容を撤回する」と記載した遺言書を作成すれば、前の遺言書は取り消されたことになります。
また、前の遺言書の内容と矛盾する内容の遺言書を作成すれば、その部分の遺言は取り消されたことになります。

この場合、前の遺言全部を取り消したことになるのではないことに注意しなければなりません。

前の遺言書が自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言のいずれの方式による場合でも、その遺言書を変更し、または取り消すために作成する新たな遺言書の方式に、制限はありません。
つまり、前に作成した公正証書遺言を、自筆証書遺言により変更したり、取り消したりすることができます。
 
ただし、前の遺言書を破棄しなくても、新たな遺言書を作成することにより、前の遺言書の全部をとりけしたりできますが、前の遺言書が存在することによる混乱を避けるため、前の遺言書は破棄すべきです。




遺言書の訂正

自筆証書遺言と秘密証書遺言については、遺言書を訂正する方法で、変更または取り消すことも考えられます。

しかし、遺言書の訂正の方法は法律で細かく定められており、この方法に従っていないと、訂正が無効となって、前の遺言が有効ということになってしまいます。
重要な部分を訂正する場合や訂正箇所が多い場合などは、新たに遺言書を作成するほうが確実で良いでしょう。




遺言書を取り消したとみなされる場合

遺言書を変更または取り消すための方法ではありませんが遺言の内容に反する行為をすれば、その遺言の内容は取り消されたことになります。

たとえば、土地建物を長男に相続させるという内容の遺言を作成した後に、その土地建物を遺言者が第三者に売却した場合に、前の遺言の内容は取り消されたこととなります。

遺言者が遺言の内容と矛盾した行為をした場合には、もはや遺言者には前に遺言どおりの内容を実現したいとの意思はないと考えられるからです。
 
遺言の内容に反する行為をしたあとは、遺言者の死後にトラブルにもなりかねませんので、前の遺言書は破棄し新たな内容の遺言書を作成しておく方がよいでしょう。





■遺言の一覧

■遺言について

■遺言の種類

■遺言の活用

■遺言の特殊活用

■生前贈与

■成年後見について