相続・遺言のことなら、相続の専門家チーム「ほむにこ」へ。横浜・武蔵小杉・藤沢・逗子、すべて駅からすぐの事務所です。

ほむにこ遺言・贈与・後見相談室 - 主催・運営:司法書士法人市川事務所
無料相談はこちらから メールで じっくりと面談で 女性専用窓口

遺言書が複数ある場合

遺言書は、何度でも書き直しができるので、場合によっては複数の遺言書が存在するということもあり得ます。

では、被相続人が死亡した後に、複数の遺言書がみつかった場合、どの遺言に従うことになるのでしょうか。



先の遺言・後の遺言

遺言書は作成日付の新しいものの内容が優先されます。
複数の遺言書があって、その内容がちがう場合には、後の遺言によって、前の遺言のうち、内容の矛盾する部分が取り消されたことになります。

前の遺言と後の遺言の内容がすべて矛盾する場合には、前の遺言はすべて取り消されたことになり、後の遺言が適用されます。

前の遺言と後の遺言の一部のみが矛盾する場合には、矛盾する部分については後の遺言が適用され、矛盾しない部分については前の遺言も後の遺言も適用されることになります。

遺言の方式に、いっさいの優先順位はなく、前の遺言が公正証書遺言で、後の遺言が自筆証書遺言であっても、前の公正証書遺言が取り消されて、後の自筆証書遺言が適用されることになります。




有効な遺言・無効な遺言


複数の遺言書の中に、無効な遺言書がある場合、当然無効な遺言書は適用されません。
例えば、自筆証書遺言が前後して2通作成され、その内容が矛盾していたとします。

この時、後の遺言書が全文を自筆で書いていなかった法律で定められた方式に反していた場合には、後の遺言書は無効となり存在しないことになりますので、前の遺言書のみが適用されることになります。





■遺言の一覧

■遺言について

■遺言の種類

■遺言の活用

■遺言の特殊活用

■生前贈与

■成年後見について