相続・遺言のことなら、相続の専門家チーム「ほむにこ」へ。横浜・武蔵小杉・藤沢・逗子、すべて駅からすぐの事務所です。

ほむにこ遺言・贈与・後見相談室 - 主催・運営:司法書士法人市川事務所
無料相談はこちらから メールで じっくりと面談で 女性専用窓口

付言の活用

遺言で自分の思いを伝えたい

遺言書は、財産の分配方法を記載するだけのもの、とお考えの人も
多いと思いますが、遺言書の用途はそれだけではありません。

もちろん、遺言書には法律で定められた形式・内容があるので、
これに反する遺言は無効となります。

また、遺言により法的拘束力が生じる事項(これを「遺言事項」といいます)は
限定されています。


しかし、法律に反しない形であれば、遺言書に遺言事項以外のことも
記載することができます。

このような記載を「付言(ふげん)事項」といいます。
 
遺言においては、自分の財産の分け方を自分で定めておくことが重要ですが、
それにより大事な家族が争うのは避けたいところです。

そのために、付言事項を活用することにより、亡くなった後の紛争を
防止することも期待できます。



生前の自分の気持ちも遺す

例えば、なぜ長男だけに多くの財産を遺すことにしたのか、もしくは、
なぜ相続人に平等に財産を遺すことにしたのか・・・。
 
もし、遺言者が生きていれば「お父さん、なんで?」と相続人は尋ねることも
できますが、遺言者がすでに亡くなっていれば、それを尋ねることはかないません。
 
相続人は、亡くなった方がなぜそのような遺言を遺したのか、想像するしかなく、
お互いに疑心暗鬼になってしまうかもしれません。

だましてお父さんに遺言を書かせた、なんて言われかねない状況です。
よかれと思って書いた遺言が、紛争の火種になっては元も子もありません。
 
例えば、「長男家族は、同居して自分たちの面倒や介護を全部負担してくれた。
だから、多く財産を遺そうと思う。ほかの兄弟には少なくなってしまうけど、
みんな分かってほしい。」などの文章を残すことで、相続人に自分の想いを
理解してもらうことも可能になります


このように、なぜこのような遺言を遺したのか理由を付しておくことで、
遺言者の意思を明らかにしておくと、他の相続人に比べて少ない財産を
相続した方も故人の意思を尊重し、「争族」を回避する可能性が高まります。





■遺言の一覧

■遺言について

■遺言の種類

■遺言の活用

■遺言の特殊活用

■生前贈与

■成年後見について