相続・遺言のことなら、相続の専門家チーム「ほむにこ」へ。横浜・武蔵小杉・藤沢・逗子、すべて駅からすぐの事務所です。

ほむにこ遺言・贈与・後見相談室 - 主催・運営:司法書士法人市川事務所
無料相談はこちらから メールで じっくりと面談で 女性専用窓口

法定後見の費用

法定後見制度を利用して「後見」「保佐」「補助」を受けるための手続きには、
どんな費用がどのくらいかかりますか。

申立てにかかる費用が必要です。

「後見」「保佐」「補助」をうけるための後見等開始の申立てを行う場合に
次のような費用がかかります。

        

申立て手数料 800円(1つの審判につき)
登記手数料 4000円
郵便切手 4300円
医師鑑定料 5~10万円
その他 戸籍、診断書の費用


 

専門家の報酬

書類の作成を依頼するのに、司法書士・弁護士などの報酬が別途必要になります。
一般的には10~15万円が相場です。ほむにこ相談室では3万円~プランを
そろえてお手伝いします。

  

費用の負担

こうした申立ての費用については申立てた場合はもちろん本人が負担します。
一方、本人以外が申し立てた場合には申し立て時には申立人が負担し、
申立が認められた段階で本人に請求するのが原則ですが、本人の判断能力が
しっかりしていて本人の依頼をうけて申立人が申し立てたような場合には
最初から本人が負担することもあるでしょう。





■遺言の一覧

■遺言について

■遺言の種類

■遺言の活用

■遺言の特殊活用

■生前贈与

■成年後見について